2011年03月26日

【ご報告】被災地からの声&チャリティーWS結果

7b2dc1c6.jpgもう1つのブログ(ダンサーとしてのブログ:「アメフーミン」)に記載したのですが、この度の震災に際し、チャリティーワークショップを行わせていただきました。結果、7万7000円を募金することができ・・皆さん共感頂き本当にありがとうございます。

また、自分のダンス生徒の子に被災地に居る子がいるのですが、その子から貰ったメッセージも載せていますので、以下にリンクを貼っておきます。

震災に遭われた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。


■アメフーミン:【ご報告】被災地からの声&チャリティーWS結果
  

Posted by funkaholic at 20:31Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月03日

ダンス関連のブログを移転しました!

以前にも何度かお知らせしてますが、マーケター×ダンサーという立場にありつつも、このブログは比較的、マーケティング寄りの内容に寄せていきたいため、ダンス関連の情報は以下に移転しています。

■blog:アメフーミン(ameblo)

■動画:YouTube


ちなみに様々なCGMのアカウントはこちらです。

情報が分散して申し訳ありませんが、ご興味のある分野だけでもご覧いただけると幸いです!


FOOMIN'  
Posted by funkaholic at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月01日

皆からの嬉しいメッセージ(感涙)

IMG_0783今日はTMDUで18時〜3時間、そのあと24時〜6時まで深夜レッスン&練習会@代々木studio worcleやってきました。

8月は皆それぞれに予定あるので一旦レッスンはお休みにするんですが、そうしたら・・な、ななな何と!








例との皆からレコード盤の色紙のメッセージがー!!!!!

続き→ アメフーミン(Ameba)  
Posted by funkaholic at 08:44Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月25日

レッスン補足日記UP!

遅くなりましたが7月13/10/17日のレッスン補足日記UPしましたー。

■アメフーミン(Ameba)


※ダンス系の記事は今後アメブロに寄せて、こっちはマーケ寄りの内容にしていきます。  
Posted by funkaholic at 13:59Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月01日

7月のHOUSE&HIPHOPレッスン告知

どもFOOMIN'です。7月はboogiezone(旧スタジオハーツ)の都合もあり、各所でやっていたレッスンをまとめて一箇所(Studio worcle@代々木)で行います(7月3日土曜のみboogiezone)。

Studio worcle
http://www.studioworcle.com/
(ここの「B1」というスタジオです)


<以下詳細>

■7/03(土)
○15時半〜17時@boogiezone(目黒)
 スタートクラスHOUSE


■7/10(土)
○15時〜17時@Studio worcle(代々木)
 ミドルHIPHOP入門
○18時半〜20時半
 HOUSE初級


■7/17(土)@Studio worcle(代々木)
○18時半〜20時半
 HOUSE初級
※もしかしたらこの日だけ、ハウス→JAZZ HIPHOPにするかもです(応相談)


■7/24(土)@Studio worcle(代々木)
○15時〜17時
 ミドルHIPHOP入門
○18時半〜20時半
 HOUSE初級


■7/31(土)@Studio worcle(代々木)
○24時〜30時
 深夜練習会+ミニレッスン(ジャンル応相談)

(18時〜21時)
 TMDU@御茶ノ水(TMDU生のみ)


【レッスン料金】
Studio worcleでのレッスンは学生:1000円/それ以外:2000円−2500円(人数次第)です。



スタクラHOUSE生の皆にはもう予定聞きましたが、これ見て興味ある人いたら連絡ください!
  
Posted by funkaholic at 21:49Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月27日

HOUSEスタクラ補足(6/19:Jazztronik特集)

dc207d2d.jpg6月は「普通のハウスのBPMに慣れる」をテーマにお送りしてますが・・今回はアップの時間を短めにして、構成ありのプチショウタイム形式で行いました。

ところが!な、なな何とシンガポールからのお客さま(ダンス観光客)が4名!もちろん日本語は通じない訳で・・生まれて初めて英語でレッスンやりましたw(たぶん間違いだらけだったけどw)

■アップ&ノリ
これはいつも通り。引き続き6月のテーマで、各自アレンジを加える練習も。

■ステップ
今回は「リズムはダウンだけれど、体が下がる方より上がる方を強調する」をやりました。ハウスの音は「ドン・ドン・ドン・ドン」という表のリズムと、「(ドン)ツッ・(ドン)ツッ・(ドン)ツッ・(ドン)ツッ」という裏のリズム(ドラムのハイハットの音など)の2種類によって主に構成されてます。で、今回はその「裏のリズム」が立った曲を使って、上の動きを強調する練習を行いました。
※曲の感じに合わせて、いつもの基礎ステップのニュアンスを変えるだけで「音との一体感」がぐっと増してきます。

■フリ(曲は「Mista Swing [Club Mix]」)
これは動画参照で。で最後の4エイトを2エイトずつ×2組に分けて「ソロ」でやったんだけど、これがさすがの外人さんパワー、一気に盛り上がりました!!自分のレッスンではいかにこうして「自分でソロで踊るか」への道筋作りに焦点を絞っているので、皆よいきっかけになったのではないでしょうか??(引き続き練習を、ね!)






<他に今回使った曲(全てJazztronik)>
ユメノツヅキ feat. JUJU
Voyage
Feat. Sonomi Tameoka
SAMURAI [Redsoul Mix]
Sweet Rain
Love Tribe [The Incognito Vibe Mix]
七色  
Posted by funkaholic at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月17日

HOUSEスタクラ補足(6/12:Rock HOUSE特集)

_SL500_AA300_えー今回はFOOMIN's生徒のオバマ(仮名)のリクエストで、Rock系HOUSE特集(Lockin'ではないです)にしました。笑 「RockテイストのHOUSE」でもいいかなと思ったんだけど、どうせなら曲が分かりやすい「RockのHOUSE remix」にしちゃいました。ちょっと年代古かったけど、学生時代にコピーバンドとか一瞬やってた自分的には懐かしさ満点でしたw

さてレッスン内容いきます。



■アップ
今月から跳躍にバリエーション例を加えていってるので、回数重ねてる人はそれを真似したり、自分でアレンジしてみてください。

■ノリ
アップ(腰)とダウン(カカト)のノリに加えて、今回も前ノリ(前回転)と後ノリ(後回転)やりました。これも徐々になれてくるので、回数重ねていきましょう。

■ステップ
「移動系」のステップと「その場系」のステップをやりました。どちらもフリに入れてあるので参照してもらうとして、
・横移動のステップはしっかりつま先立ちでのダウンをキープすることと、あくまで「軸足のダウンの延長でもう片足が押し出される」感覚を身につけられるように。+ニュアンスで首や胸などを付けてもOK。
・その場系のステップ(ツイスト)は、いろいろ例をやったように、自分なりに色々な角度を試してみて、自分オリジナルの「カッコいい」形を見つけていって下さい。
※6月のメインテーマは「速いBPMで踊る」ですが、加えて「自分なりに踊る」もそろそろテーマにしていきたいので、意識していって下さい。

■遊び
今回は「フリーで踊る」をやりました。見た感じ、みんな全然おかしくはないので(これホント)動画を上げちゃいます→自分の姿を確認してみてください。



■フリ(曲はDeep Purpleの「Smoke On The Water」のremix)
今回もフリ自体の細かい説明はありません。基本は動画参照として、注意点をいくつか。なおこれまでは「脱力する」ことを繰り返し練習してきましたが、今回のように「固い」音の場合は、ところどころ動きを固めても逆に音にハマります。

○1エイト目
ダブルのダウンをつま先でやるバリエーションを初めてやりました。今回のフリの場合、この時は次の動きとのメリハリのために上体は真っすぐダウンで良いです。(逆に2エイト目では目一杯前ノリを入れる)
○5エイト目
アップの動きで、ギターのリフを聞きながら「1,2」は上に大きく、で「3エン4エン」は素早く低く。
※注意点はこのくらいで、あとは自分なりにいろいろアレンジしてもらえればと思います。






<レッスンで使った曲>
今回は全てFIREWORK DJsの「DANCE TO THE ROCK HOUSE」収録曲です。iTMSで視聴&購入できます。
  
Posted by funkaholic at 00:06Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

特別レッスン:ミドルHIPHOP基礎 補足(6/5)

さて6/5はハーツでのHOUSEクラスとは別に、兼ねてから要望の多かったHIPHOP、それもガツガツ系(笑)という事で、いわゆるHIPHOPの基礎を、90年代の曲メインでやってみました。
※括りとしてはミドルスクールHIPHOPになるんだけど、ミドル特有の(良い意味での)クセは抑えめに、HIPHOP全般に共通の基本的な体の使い方を練習しました。

■アイソレーション
アイソレーション=準備体操と捉えがちですが、アイソレは2つの効果があります。
1.体のパーツを個別にちゃんと動かす練習(対義語はインターロック=首〜胸〜腰〜膝まで連動して動く、黒人さん独特の脱力したリズム取り)
2.振り付けの細かい部分の強さを出す(&実はアイソレだけでもフリになります)

○首
・上下、左右(傾ける)、左右(横を向く)、前後、左右。これをゆっくり&ジャズのようにアクセントをつけて、の2種類で。今回は特に首を重点的にやりました。首はJAZZ HIPHOPやガールズでのポージングで「カン!」て入れると途端に黒くなるし、あとは首POPの練習にもなります(ウチのチームではクロさを意識して首POPだけをフリにしたりとかよくしてましたw)。で最後に回す運動。

○肩
・上下、前後回し、捻りながら前。特に最後の捻るパターンは、HIPHOPのフリの中に自然と入っていたりするので、しっかり強く打てるようになると強いフリになります。

○胸
・お腹を中心に円運動、前後、左右。前後については、ニュートラルのポジションから前だけ/後ろだけを動かす練習と、前から後ろまで目一杯使う練習を両方やること。特に前者をちゃんとやると、稼働範囲が広がります。左右については、特にシングル、シングル、ダブルの時のダブルで、今度はニュートラルではなくちゃんと反対側までもどしてから2回目を入れると可動範囲が広がります(これは前後の時も同じ)。で最後に回す運動。

○腰
・前後、左右、回す、最後に膝も使って大きく前後。シングル、シングル、ダブルの注意点は胸と同じ。で前後については、腰だけで動かす場合と膝を使う場合をキチンと区別すること。特にガールズもやるしミドルもやるし・・な場合は、この両者を使い分けないと2つのジャンルが混ざってしまいます。


■ダウン&アップ
HIPHOPのダウンはインターロックのダウン(いわゆる全身で脱力して行うダウン)と違い、腕に意識がいきがち。でも、ここで意識的に腕を動かしてしまうと、動きが悪い意味で固くなってしまいます。注意点として「膝がダウンするから腕がついてくる」。これ、ハウスでもいつも言ってるけど、HIPHOPのダウンもそうなんです(HIPHOPの見た目の「形」から入ってしまうと悪いクセがつくので注意)

で、幾つかの曲を使ってダブルダウン(「ダンダン・ダンダン」や「ダンダン・ダーン×2」など)の練習。これも、腕で「ダブル」をやってしまいがちだけれど、ちゃんと膝のダウンを2回。他にもバリエーションとして、片足ダウン、重心を左右に、体の後ろ側で、などやりました。

アップについては、アップした時にアゴを引き、下がった時にアゴを上げる(通常と逆)バージョンでやりました。


■ステップ
○ランニングマン
HIPHOPの基本はランニングマン!っていつの時代だよって感じでしたが笑、敢えてやってみました。で、まずは軸を真っすぐ下に落とすver.手の形も幾つかやりました。バリエーションとして、「より重く見せる=1カウントの中で下にいる時間を長くする」「前/後ノリを入れる」などもやりました。ここで、「真っすぐ」と「前/後」が混ざってしまわないように(意識して使い分けること)。

○クラブ
これも基礎中の基礎。最初は内股で、「片足をつま先、もう片足をカカト」で開く動き。練習点はダウンのクラブとアップのクラブを使い分けられるように。クラブで歩くなんていうのもちょっとだけやりました。

○チャールストン
同じく基礎。クラブもそうですが、こうした足先の動きのとき、HIPHOPでは上体を敢えて固めたり、脱力してみたりで色々ニュアンスを変えられます。シングル、シングル、ダブルや、ランニングマンにチャールストンを入れる練習(そうするとランニングマンがより深くなる)もしました。

○スライド
横のスライドを、2通りのリズムの取り方で。スライドというとアップの上の動きばかり意識しがちですが、間にちゃんとダウンが入ります。その練習も兼ねて、まずは「1」をダウンでとるスライドから練習(「1エン」をダウンで取ってスライド→「2」でアップ→「エン」でダウン)。次に「エン」でダウンして準備→「1」でアップしながらスライド→「エン」でダウン→「2」でその場アップ→「エン」でダウン。


■遊び(曲はM.O.P.の「Ante Up」)
FOOMIN'sレッスンはHIPHOPでも「遊び」をやります。今回は「左右に分かれてチームっぽく登場〜立ち位置に付く練習」。最初に何も教えずにやった時は皆みごとに同じ形(ダウンの形)で横向きで歩いてました笑。で、アレンジとして「軽くランニングマン」「チャールストン」「その場回り」「誰かと向き合ったら同じ動きで遊ぶ」などを入れたら、途端に個性あふれる、かつ長年やっているチームのようになりました。こうした「ただ歩く」がHIPHOPっぽくなるように練習するのも大事なんです。


■フリ(曲はRedmanの「Put It Down」)
※このフリは基本的にラップの抑揚を拾って音を取ってますが、敢えてカウントで割って説明します。
○1エイト目
1-4:
「エン」で両手をイン&内股でダウン→「1エン2」で右手を頭で右足で3歩、跳ねながら右へ移動→「エン」で両足を揃えて→「3エン4」で左足からランニングマン、右足を着いたら姿勢をロックして両手をボクシングのように構えて「エン」で左右に
5-8:
低い姿勢のまま「5」。ここでダウンとアップを切り替えます。「エン」で両足を開いて(重心はやや左)右手を時計回りに大きく回す「6」で下がる→「エン7エン」でブルックリン(今回は詳しくはやらないので動画参照)→「8」で左足を前に伸ばす→「エン」で左足を戻す。

○2エイト目
1-2:
前の「エン」で引いた左足を「1」で左向きに開きつつ右足をクロスして左に踏み出す(つま先は左斜め前向き)→「エン」でツイストして両足のつま先を右斜め前向きに→「2」で左足を開いてついてスタンスをオープンに。
3-6:
「3」で右手、「エン」で左手を地面に着く(低い姿勢になる)→「4」で右足前で足をクロスして伸び上がる(この時に両手を上でCLAP)→そのまま「エン5」まで伸び上がりながら、クロスした足をほどくようにターン→「エン6」で正面に向いてダブルダウン(このとき足は左足前でクロス)
7-8:「7」で右足を前に踏み出して&両手を頭の後ろにもってきて深くダウン→「8」で戻る(動画では最後の「エン」でもう1フリ入れてますがこれはオマケなので、「エン」は次のフリがあった場合の準備のカウントだと思って下さい)




<使った曲(かけた曲)>
■アイソレ&ダウン/アップ(2年前〜今年くらいの曲)
Jadakiss, Swizz Beatz & OJ Da Juiceman「Who's Real」
Maino「Million Bucks (feat. Swizz Beatz)」
Fabolous & Jeremih「My Time」
Black Eyed Peas「Boom Boom Pow」
Ludacris, Diamond, Trina & Eve「My Chick Bad Remix」
Usher feat.Will I Am「OMG」
Chris Brown「I Can Transform Ya (feat. Lil Wayne & Swizz Beatz)」
T-Pain「Freeze (feat. Chris Brown)」
50 Cent「OK, You're Right」
Flo Rida feat. T-Pain「Low」
T-Pain「Church (feat. Teddy Verseti)」
Ludacris「Sexting (Bonus Track)」
Redman「Let's Get Dirty (I Can't Get in Da Club)」

■ステップ(90年代HIPHOP)
Rakim「Guess Who's Back」
LL Cool J「Mama Said Knock You Out」
A Tribe Called Quest「Oh My God」
A Tribe Called Quest「Award Tour」
A Tribe Called Quest「Scenario」
Naughty By Nature「O.P.P.」
Wu-Tang Clan「Wu-Tang Clan Ain't Nuthin' ta F'Wit」
Wu-Tang Clan「All Flowers (Exclusive Mix) [feat. Raekwon, Method Man, Ghostface, Ica Da Don & Inspectah Deck]」
Naughty By Nature「Hip Hop Hooray」
Redman「Let's Get Dirty (I Can't Get in Da Club)」※2001年
Christina Aguilera「Dirty」※2002年
Kanye West, KRS-One, Nas & Rakim「Classic (Better Than I've Ever Been) [DJ Premiere Remix]」※2007年
  
Posted by funkaholic at 08:37Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

スタートクラスHOUSE補足(6/5:Dennis Ferrer特集)

前回の補足日記です〜。

この「スタートクラスHOUSE」ではこれまで、
・2月:HIPHOP/R&Bの新譜だけを使うことで「HOUSE=マニアック」という先入観をなくして、とにかく「楽しんでもらう」練習
・3月:アフリカンとかラテンとか他のジャンルを取り入れて、とにかく「脱力」して踊る練習
・4月:あらためて基礎(ノリ、ステップ)の見直し
・5月:「〜特集」で手フリも含めたフリを短時間で覚える練習
なテーマでレッスンをやってきましたが(実はこんなテーマがあったんですw)、6月はいよいよ「HOUSEのBPM(音の速さ)に慣れる」をテーマに全4回でやっていこうと思います。

さて6/5ですが、今回はDennis Ferrer(HOUSEプロデューサー)のCDをかけっぱなしで「いわゆる普通のハウスのレッスン」やりました。最初からBPM速めでいつもより疲れたかな?

ちなみにハウスは、こうやって速い音で踊り込んでいくと「体や動きに無理のない脱力した自然な踊り方」になります。なので「ひたすら踊りこむ」のが一番よい練習法なんだけれど、このクラスはスタートクラスなので、まずは基礎の動きを徹底的に分解して(体重のかけ方やバランスなど〜自分の脚力でムリヤリ踊らないようにする)個別に練習してきました。なのでそれはそれで練習しつつ、それを速い音の中に落とし込んで、自分なりの「楽な・自然な」踊り方を探していって下さい。

■ウォーミングアップ
今回から、いつもの8ビートの跳躍に加えて、「タンタンタン」のリズムで跳ねる「3リズム」を加えました。これまでに教えてきた基礎ステップの多くはこのリズムなので、「3リズムでただ跳ねる」も練習してみてください。で、両者ともに慣れてきている人は自分なりのアレンジをどんどん入れていくこと。

■ノリ・ステップ
こちらも今回から新しい要素「前ノリ」「後ろノリ」を加えました。これはどちらも「HIPHOPの前後ノリ」とはちょっと違って、「膝のダウンをきっかけに」「前(後)に円を描く」のが特徴。あと、これまでは基本的に殆どのステップや動きを「つま先立ち」でやってきましたが、このノリの場合は「ベタ足」でOK。これをハウスのBPMでやるのはそれはそれで慣れが必用なので、一気にやろうとせず、自分の腹筋・背筋力や体の可動範囲と相談しながら徐々にダイナミックにできるように練習していってください。

■フリ
今回のフリは音が速いため、1-4の各エイト毎にそれぞれリズムを同じに揃えました。
・1エイト目:タン、タン、タン、タン(8ビート:HIPHOPと同じ)
・2エイト目:タタタン、タタタン
・3エイト目:ターン・タタ、ターン・タタ
・4エイト目:タタタタタタタタ(16ビート全部取り)

ハウスを振り付けで踊る場合、慣れないうちは頭の中が
A:リズムを考える
B:ムーヴを考える(足運びや手足の形、軌道)
の同時平行になっているはずです(たぶん)。なので今回は「A」を少しでも意識しなくて良いようにリズムを規則的にしてみました。

ちなみに・・例えば自分でソロで踊る際も、慣れないうちは同じリズムをキープしながら、その同じリズムで出来るステップを組み合わせたり、バリエーションをつけたりすると足運びが楽なはずです。自分のクラスでは最終的かつ短期的に「自分で自由にソロで踊れるようになる」を目標としているので、こんなことを意識しながら練習してみると良いかもしれません。

&これって実は(レッスンにずっと出ている人でなくても)1回のレッスン内容だけでも「クラブで1番中踊り続けられる」だけのバリエーションを作れるはずですよん♪

※そんな訳で今回はフリについては特に意識する箇所は特にない(自分でいくらでもアレンジできる)ので、説明は割愛して動画を参照とさせてください(左足をちょっと痛めてたので、左足の動きが悪いのはご愛嬌で、、)。




<今回使った曲>
Dennis Ferrer「House Masters: Dennis Ferrer 2.0」というCDをかけっぱなしでした。AmazonでもiTMS(iTunes Music Store)で買えますよー。


※過去のレッスン動画はこちら
  
Posted by funkaholic at 12:33Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月19日

今週のHOUSEスタクラ予告&6月は‥

まず今週(土)のレッスンですが、先日ジャネットジャクソンが44歳の誕生日を迎えた記念?で(大御所だなぁ。。)ジャネットの旧譜ハウス特集やります。


そして‥

6月も土曜の同じ時間でHOUSEスタクラ継続します!

※なお7月以降については発表会前のためこの枠はリハで使用される可能性もあるとの事でまだ分からないですが、ひとまずあと何回かはレッスンあるのでぜひぜひ宜しくです!

■FOOMIN'
  
Posted by funkaholic at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

【気持ちで踊る】〜舞台『コネクト』を終えて ※長文です

128b70b6.jpg気づけば舞台『コネクト』終了からあっという間に2週間が経ってしまいました。本当は舞台終了後すぐにこの日記を書きたかったんだけれど・・立ち戻った現実はいつも通り本当にタフでタイトで、結局このタイミングになってしまいまいした。

そして自分の中では「えっ、まだ2週間?」はたまた「何だかもう遥か昔のような・・」という気持ちが共存しています。でも間違いなく言えること、それは「今回の舞台を通じて、自分は多くの大切なことを思い出したし、学ぶことができた」です。


まず始めに、今回の舞台を観に来て下さった方々、本当にありがとうございました(また、今回は1回のみの公演だったため席数が非常に少なく、限られた人しかご案内できなかったことをお詫びします)。

実際・・舞台終了後に、自分の生徒の皆や、ダンス仲間、仕事繋がりの方々から「良かった」というお言葉を沢山いただき、そして中には目に涙すら浮かべてくれている方もいて、、、自分も思わず泣きそうになるのを堪えていました。

そしてこの「良かった」という言葉こそが、この公演に対する最高の評価だと受け止めています。例えば「(ダンスや演奏が)上手かった」「(演出が)凝っていた」 ー これは、今回のように本当に「自由」で「素直」で「魂だけで表現する」ような舞台には似合わない言葉※。そんな中「(何だか分からないけど)良かった」というのは、まさに最高の褒め言葉であり、「あ、伝わったんだ」と感じることができた瞬間でした。
※もちろん、それぞれの業界関係者の方からはそうした言葉も必要でしたし、逆にお叱りも必要なんですけどね。なので「似合わない」という言葉に他意はないです。

* * *

さて今日はこの『コネクト』振り返り日記を通じて、自分の「想い・軸」についてお話しさせてください(それを、2つのエピソードでお話しします)。
※かなりの長文になってしまいましたが・・



1.社会人ダンサーとしての「限界との戦い」と、「音楽の力」

いきなり重いタイトルですが(笑)&自分の日常を知らない関係者の方は驚かれるかもしれませんが・・自分は普段(平日)、某企業でマーケティングの責任者を努めています。そして今回の舞台のリハ時期といえば、一般の企業でいう「期末&期初」。事業数字や組織を管理する立場の自分としては、翌年度の数字や実行計画、スタッフの目標設定などが一気にやってくる、師走を超えた「師爆走?」みたいな時期だったんです。

なので、週に2日完徹とか、週末も移動中に常にパソコンを開いていたりとか、時には36時間くらい不眠で(←これ自分の名前の由来とは関係ないですw)働いたりとか、そりゃーもう無茶苦茶でした。

とはいえ、(これは過去に何度か書いてますが)自分にはこの「マーケティング」という職種においても大きな夢があり・・そしてその夢を叶えるために今の会社に転職しているので、決して手を抜く訳にはいかない(なので「労務環境が悪い」ということではなく、自ら進んでやってました)。


でも、ここで「自分、頑張ってたんです」アピールをしたい、という訳では勿論ないんです。今回の舞台で何よりも自分がびっくりしたこと。それは、

「太鼓の音は不眠不休の身体すら突き動かしてくれる」

ことでした。実際、フラフラの状態で参宮橋オリンピックセンターに辿りつき、リハ室のドアを開けると、そこには無数の太鼓の音の「ぶ厚い波」。そしてその音に身を任せて踊りまくっている仲間たち。その瞬間、自分の身体にも無意識にスイッチが入っていました。正に、これが「生音の力」、そして、遡れば、今日のダンスの多くはこうした歴史と文化のある、「生音と一体になった:というか“切り離す”という概念すらない」各種の伝統的な踊りをルーツとしていたことを思い出しました。

そして何より、今回の自分のパートの大半はこうした生音とのセッション(即興)。めくるめく変わって行く楽器のソロと、お互いに掛け合いながら踊る ― ダンサーとして、これほど名誉なことがあるでしょうか。そしてそれは、普段自分が踊っている「録音され、販売されている」一般の楽曲の「音の聞き方」を見直すきっかけにすらなりました。


ここで、1.のまとめとして自分が皆さんに伝えたい事は・・特に自分の生徒の皆は社会人だったり、ご結婚されていたり、また学生さんであっても非常に勉強が忙しい学校だったりと、ダンスを十分に踊る時間もなければ、ダンス以外の日常生活で色んな努力や苦労、もしかしたら悩みを抱えているかもしれません。

そんな時、ダンスは、いやそれ以前に音楽は、自分が今回「極限状態の中で」体験したように、必ず皆さんにエネルギーを与えてくれます。だからこそ、どんなに少しずつでもいいから、音楽を聞き、ダンスを続けていって欲しいなと思います。もちろん、ダンスにこれから挑戦してみたいと思っている人や、他の分野で自己表現をしている人も、同じくそれぞれの分野の根底にある様々な「力」に今一度目を向けていただけたら、この舞台はきっと成功だったんだと思います(これは自分の場合の勝手な舞台の解釈ですけど笑)。

※少し本題とは離れますが、いみじくもこの週末、自分の大事な生徒達の発表会の当日に仕事の緊急対応で急きょ出社する羽目に。この時ばかりは悔しさで「何故このタイミング??もう限界か・・??」と一瞬だけ思ってしまいました。でも、生徒達の発表用の音源をイヤホンで聞きながら必死に仕事を片付け、ギリギリで会場へ。そこで皆が見せてくれた「最高の笑顔」に、どれだけ救われたことか。皆、本当に有り難う。


2.「自由に踊る」

ここでちょっと昔話をさせてください。よく「FOOMIN'さんってどうしてダンスを始めたんですか?」と聞かれます。その答えは・・「学生のころ、失恋したときに地元のワルい友達が無理矢理連れていってくれたクラブで(それまでが本当に、自分で言うのも何ですがクソ真面目だけが取り柄?の人間でした)」、HOUSEのフロアで酔っぱらって、気づいたらドレッドの恐そうなダンサーさん達の前でソロに飛び出してしまい、何やら怪しげなステップを踏んだり、バク転したり(器械体操だけは得意でした)してしまったのがきっかけなんです笑

で、その恐そうなドレッドのお兄さん達に「ド:お前ダンスやってるのか?」「F:いえ、今日初めてクラブに来たんです(どきどき)」「ド:そうか、それなら俺らが色々教えてやる」「F:え、『色々』って・・(リアルにブルブル)」・・という、何ともヤンキーな感じの出会いだったんです(笑)

それ以来、特に踊りを習うでもなく毎週クラブに連れて行ってもらい、上手い人を見つけてはひたすらストーカーのように観察して技を盗もうとしたり、クラブ明けに同じく初心者の友達と六本木駅のホームとかで「その日に見た謎のステップの仕組み」について延々昼間で研究してみたり(今考えると、よく怒られなかったと思う)してました。そう思うと、自分はこのようにして独学でダンスを学んだので、今となっては現場を離れたダンサーではあるけれど、レッスンの中でステップやムーヴを「分解して教える」ことに関してだけはちょっとだけ得意なのかもしれません。

そんな訳で自分のルーツはHOUSEなのですが、段々と色んなジャンルの音楽を聴くようになり、それぞれの音に合わせた表現がどうしても見つからなくて・・26歳の時にいま自分が教えている目黒のStudio Heartsに入会。そこで出会った師匠izumiさん(「FOOMIN'」の名付け親なんです)にダンスの全てを基礎から教えていただき、その後、スタイルHIPHOPやメインストリームのHIPHOP、LOCK、POP、SOUL、レゲエなどをかじりながら、今の自分のスタイルに辿りつきました。


現在に話を戻すと・・今回の舞台の演目で、「無音の中で表現をする」というものがありました。最初に企画を聞いた時は「えっと、それって・・カウント揃える練習が無茶苦茶大変では」「何ならこっそり無線のイヤホンつけようか」なんてことをKATSUさん(ご存知、Breakin’の大御所の先生です)と話したりしてました。でも練習場所に付き、同じくメンバーのイスマエラ君(FAR HOOK CREW:舞台見た人は分かると思うけど若手の超天才ダンサーです)が言った一言。

「何も決めないでやりましょう」

「K&F:え?!」「イ:ソロの順番も全てアドリブで、途中の簡単な合わせと皆で静止する部分だけ決めて、あとはそれぞれが絡み合いながら身体でセッションしましょう。もしかぶっちゃったり間違えちゃっても、それもすべて即興の楽しみということで」

正に、目からウロコでした。何より、実際にやってみたら無茶苦茶楽しい。そんな訳で、作品完成までに僅か1時間くらい、その後もお互いスケジュールがタイトなため3人揃って踊ったのは何と本番が初めて(!)でした。


そしてその本番。そのとき舞台の上で、自分は上に書いた「初めてクラブに行ったときのこと」を思い出していました。実際、自分が舞台上で何をやったか全く覚えていないし、カッコよかったのかどうかも分からない(というか間違いなくカッコ悪かったと思う笑)。でも、「踊ることで表現する」ことに振り切ったこの演目は、ここ数年、音先行でフリも構成も衣装も決める傾向にあった自分にとって、ダンスの「原点」を思い出させてくれました。


そう、あらためて考えてみればHOUSEは非常に自由な踊り。HOUSEという音楽自体のルーツが「ジャズやソウル、ラテン、もちろんアフリカンなど、一般の人には踊りにくい複雑な黒人音楽を『4つ打ち』という形に落とし込み、多くの人にとって理解しやすいクラブミュージックとした」ことに現れているように、まさに「なんでもアリ」のジャンル。

だからこそ、自分はもっと多くの人に、HOUSEを通じて「自由に踊る」ことの楽しさを知ってもらいたいんです。HOUSEというとどうしても「マニアック」「難しい」というイメージがあるけれど、そんな事はないんです。自分がいつも必ずレッスンの中でやっている「リズム遊び」。実はここに、自分の「教えたい事」がつまっています。近年のストリートダンスはどうしても「ジャンル」で踊りをくくってしまう傾向があるけれど、勿論それはそれで大事なんだけれど、でもこうした「自由さ」もどこかに残していきたいんです。

* * *

閑話休題。あらためて『コネクト』関係者のみなさま、本当にお疲れさまでした。そして何より、高校時代からの付き合いという理由だけで(笑)今回のような素晴らしいメンバーと同じ舞台に立つきっかけを与えてくれたkanae、本当にありがとう!

そして・・『コネクト』はこれで終わった訳ではありません。舞台としての『コネクト』は一旦の幕を下ろしたけれど、文字通り「コネクト(繋がり)」は終わっていないし、新たなコネクトも既に始まっています。舞台を観に来てくれた自分の生徒さんがkanaeのワークに行ったり、お互いのlive 情報を伝え合ったり。お客さまから感想や要望をいただいたり。こうして、スタッフとお客さんが、その隔たりを超えて、1つの大きな「繋がり」を創り始めています。


以下に、僭越ながら自分の方で『コネクト』に関するコミュニティを作らせていただきました。現在は便宜上、承認制とさせていただいていますが、この日記を読んで何かしら「共感」を得てくださった方、ぜひ一言を添えていただき、参加していただけたらと思います。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4960342



さて、最後になって・・「結びの言葉」が見つかりません。でもよく考えたら、「結ぶ」必要はないんですね。だって、これはまだ1つの始まりにすぎないんですから。なので、その一言をもってこの日記の締めくくりとさせてください。ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。


■FOOMIN'  
Posted by funkaholic at 20:44Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月25日

教え子たちのショウタイム無事終了!


1470328528_1871470328528_179









今日はまさかの仕事のトラブルもあったけど、無事に本番間に合いました。


ショウタイムは‥本当に、本当に最高でした。HOUSEを始めてまだレッスン数回、教えたステップも5,6個だけじゃないかというメンバーが、技術云々は関係なく(もちろんちゃんとスキルアップもしてたんだけど)、めちゃくちゃ良い笑顔でのびのびと踊ってました。そんな光景を見ていて、「これこそがダンスだ」と心の底から思った。


作品作りの過程では、途中何度か「お説教(ごめんね、愛のムチでした)」もしたりしたけれど‥結果として、みんな追い込みを凄く頑張ってくれて最終的にすごく良い作品になりました。

何より、ショウタイムが終わった後の拍手がそれを物語っていたと思う。


皆はまさにfunkaholicです。これからも機会あるかぎり宜しくね&本当に有難う!




  
Posted by funkaholic at 00:14Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月24日

よりによってこのタイミングとは‥

今晩は可愛い教え子たちの公演。午後イチから練習のはずが‥緊急対応で会社に向かう羽目に。。

現場責任者として仕方ないけれど、まさかこのタイミングとは。。。

皆ごめん!!終わったら急いで向かうのでー!!!

最近本当に仕事とダンスの両立が難しくなってきているけど、まだまだこんなことでは俺はダンスやめませんよ!!

もっともっと、皆に教えたい・伝えたいことがあるのでー!  
Posted by funkaholic at 12:16Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月19日

5月のHeartsのレッスン

けっきょく気合いで毎週(5週全部)やることにしました!

毎週、振り付けよりも基礎や謎のリズム遊びばっかりやってるクラスにも関わらず(そしておネエ系じゃないのにも関わらずw)いつの間にやら生徒さんも増えてきてくれて嬉しい限りです。なのでGWだろーが何だろーが、要望ある限りはやりますよー。

という訳で5月は1/8/15/22/29(土)の変わらず15時半〜です!いつも同様リクエストも受け付けるので、目処たつ人はぜひぜひ連絡くださいー!
  
Posted by funkaholic at 03:04Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月14日

取り急ぎ:HOUSEスタクラ5月もやります!

前回のレッスン補足や舞台のお礼&感想書けてなくてすみません!舞台終わったら案の定、風邪ひきました。。(そりゃそうだ)


しかーし何と!おかげさまで5月もStudio Hearts@目黒でスタートクラスHOUSE継続のオファー頂きました!(時間は同じく土曜15時半〜)

思えばHeartsでのレッスンも昨年10月から始まり早半年(!)。老舗のストリートダンススタジオで、大御所の先生方に混じってこうしてクラスを継続できていることを心から光栄に思っています。これも皆のおかげです。本当に有難う!


そして、毎度のお願いで申し訳ないですが‥レッスン来てくれてる皆さん、分かる範囲でよいので来れる日(来れない日)を教えてもらえると助かります!


と、書いたところで今日はもう布団に入ります(笑)
  
Posted by funkaholic at 22:47Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月03日

昨日の日記(ガールズHIPIOP)は‥

はい!ご想像どおりエイプリルフールでしたw 信じてくれた人、ありがとう&ごめんなさい(笑)

そんな訳で4月のハーツ(4月は10日と17日の二回)も変わらずスタートクラスHOUSEです。今月はもう一度原点に立ち返って基礎をしっかりやる予定〜


ちなみにエイプリルフールコンテスト(会社の方ね)にも、ご協力ありがとうございました!ランキングTOP10は逃したけど、おかげさまでサイトアクセス数が普段の3割増しくらいになりました(驚)


さてさて来週の日曜の舞台(前に日記に書いたアフリカンの自主公演)までいよいよあと1週間。最近は毎日のように踊りこんでます。

チケットまだ少し余裕あるので、やっぱり行ける!って人いたら連絡くださいー。


明日は旧友ナオコの結婚式で久々の二人funkaholic(オリジナルメンバー)として踊ってきます!!


てか、もはや完全にダンサー生活になっとるw
  
Posted by funkaholic at 01:23Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月01日

しまった‥‥

光栄なことに4月もスタジオハーツから特別レッスンのオファーを頂き、4/10(土)と17(土)の15時半〜の二回に決まったものの‥





スタジオへの返答が遅れてしまったため‥‥










ガールズHIPHOPの枠しか空いてなかったーーー( ̄□ ̄;)!!










と、いうことで4月は「オネエ系ガールズHIPHOP」やります。。

皆さんどうか受けに来て下さい。。。
  
Posted by funkaholic at 22:33Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月07日

【豪華メンツ】4/11(日)アフリカンの舞台に出ます ※まずは試しに内容見てみてください!

またいつものように・・mixiの方、ここ1ヶ月くらいコメント全然返せてないですね。。ごめんなさい。みんなからのコメント、すごく励みになってます。

特にダンスに関しては(仕事はもう火事場なんで置いといて)、社会人ダンサーとしてここまで辿り着けたことが自分でも信じられないし、何よりここまで出来るのも今が最後かな?というのもあってオファーを全部受けてみたら、老舗かつ大手スタジオでのレッスン、大学生サークルのコーチ、チーム活動、に加えて何と!アフリカンの舞台(自主公演)の出演も新たに決まりました。

これまたアフリカンの大御所の皆さんや、ストリートダンスで言えばブレイキンのKATSUさんとの共演など、もう嬉しすぎて鼻血がでそうw 詳細は以下の通りなんですが、自分以外の(笑)メンツが凄い。これはぜひ観に来て頂きたい!

ちなみに前売りで【2000円】と安めの設定なのと【1回公演のみ】で席数に限りがあるので、もし来て頂ける方は早めに教えて下さい!

--------------------------------------------------
【コネクト】「Connectdance A live」
--------------------------------------------------
<詳細>
■日時:2010年4月11日(SUN) 18:00開場18:30開演
■場所:赤坂区民センターホール
    港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内
   (赤坂見附駅A出口から徒歩10分/青山一丁目4番出口から徒歩10分)
■料金:当日2500円 前売り2000円

<テーマ>
人と人、人と音、私と私。点と点が出会って生まれる衝動。そのカタチは様々に。「But It ユs rooted in the same place.」原初的な衝動から生まれたアフリカンダンスを軸に、ストリート、コンテンポラリーからハワイアンまで、色とりどりに展開する挑戦的な企画、 dance☆A☆live!躍動的な太鼓に、肚の底から突き動かされるエネルギーたち。

ここでしか生まれえないエネルギーの渦へ、ようこそ。

<出演>
■dance
○イスマエラ
アフリカ セネガルのサバールダンサー。他にも コンテンポラリー ストリート アクロバット 色々やります。舞台やクラブイベントに色々出演中。所属チームは FAR HOOK CREW。

○KATSU
FAR HOOK CREW,COPERNICUSとして活動中。PV,CM出演,その他ダンス映画,ダンスDVDやテレビ番組などにも振り付け,出演し,現在ビール好き。

○純子
幼少の頃にクラッシックバレーを学び、様々なダンスに夢中。その後プエルトリコ、沖縄県石垣島に移り住み10年間南の島の風土と生活を経験。石垣在住時に、フラの恩師である「テレサ・アナナ・カラウラニ・保久盛」と運命的な出会い。テレサよりアロハ・オリ・フラを伝授され、アロハ精神である愛・喜び・祝福をもって人々に伝える踊りを目指し活躍中。

○杉ぽん
普段は千葉を拠点にするメタルギニーにて活動。コラ(アフリカンハープ)は独自のロックを取り入れたスタイルを持つギニアのコラプレイヤー、モハメドクヤテにコナクリにて出会い影響を受け始める。ダンスはドゥンドゥンバ、ソコなどのお祭ナンバーが好み。渋谷区にて隔週でダンスクラスも開催中。

○のどか
2005年セネガルへ渡り、国立舞踊団ダンサー、ムサ・ソンコに師事。帰国後サバールパフォーマンスグループTangana jerを結成。セネガル国営放送RTS1や、セネガル人アーティストのミュージッククリップに出演。

○YOKO
様々なダンスを経て今に至る。色んな人との出逢いを通して色んな空間に触れることが大好き人間。1999〜2002 NY Nathan Trice/RITUALSメンバー。現在C.I.c.o,CIFJメンバー。個人ブログ:http://ameblo.jp/rituals/ (ダンス以外の活動も記載)

○Abdou Bayefall (アブドゥ・バイファル)※友情出演
セネガル共和国出身、西アフリカ伝統舞踊のプロフェッショナル・ダンサー。17歳でモロッコにて初の国際舞台を踏み、「バレエの申し子」の愛称をもらう。 また、モロッコでBaaba Maalの目にとまり、ツアーダンサーに加わる。その後、スペインの『Ballet Africa 2000』や『Ballet la Linguere セネガル国立舞踏団』でダンサー、コリオグラファーとして活躍。また、セネガル国立舞踏団にてダンス指導者としての国際免許を取得する。2002年のワールドカップ公演のため来日。その後、日本に移住し、ダンサー、ドラマーとして東京を中心に全国各地にてダンスワークショップ・演奏活動を行っている。

○Support Dancers
FOOMIN'、amimi(あいみ)、わだみつこ、ゆうこ、でぐ、まり、まっちゃん、りえぽこ、えりつぃん、ゆっきー+ Kanae(18名)

■music
○奈良大介
ジンベ奏者。西アフリカに影響を受け、レゲエ、奄美民謡等もミックスし、オリジナルスタイルを追求中。ライブ、ワークショップなど全国で展開中。

○にしやまん
岡山在住のプロDjembe奏者。師匠であるBangourake氏に認められ、師とともに日本のみならず、海外でも毎年ライブ、ワークショップ等を行う。その圧倒的な「音」と「エネルギー」によるグルーヴはまさに圧巻。グループやソロでの活動のほかに、地元岡山にて「Djembe工房 KrubeKrube」の代表として精力的に活動中。

○PSY-LA-MIX サイ・ラ・ミックス
BASS- スズケン(STEREO LYNCH/夢宙?暢??ぢ遊泳/CUP CAKES)・PERCUSSION- eno(POODLES/dub mafia/system error)・GUITAR- 高瀬UJ(夢宙?暢??ぢ遊泳)。音とダンスの融合を目指し結成。ライブハウスや野外レイブで活躍する三人を中心に、新しいダンスミュージックを変幻自在に表現する。

○安田尚樹
東京生まれ。西アフリカ、セネガルのドラム「サバール」、西アフリカの弦楽器「コラ」奏者。
1995年 YAS-KAZ&Salon de Sabarに参加
    『第76回民族芸能公演・日本の太鼓』(国立劇場)にゲスト参加
    ACT AGAINST AIDS ''95に出演
1996年 近松in長門''96 出演
1997年 Wagane N''diaye Rose & Sohie Ker Gi に参加
1998年 西アフリカ、セネガルに渡り、アフリカ伝統音楽を学ぶ
    Assane Diabaye &Super Santibi に参加
1999年在日アフリカン・バンドのサポートメンバーとして日本各地のツアーに参加。
2002年 サッカーW杯のセネガルチーム公式応援団としてスタジアムにて
    演奏、セネガルのベスト8進出に貢献する。
2010年 ヤヒロトモヒロ、駒沢れお 等とアフリカン・パーカッショングループ
    RAMBLE TAMBOUR(ランブル・タンブル)を結成。
共演者:故アケミ(じゃがたら)、日野皓正、坂田明、YAS-KAZ、外山明、野沢毛ガニ(サザン・オールスターズ)他
http://sound.jp/sabar/index.html
http://kora.holy.jp/

○Support Musicians
ゆうきん、杉ぽん、Andy、よっしー、さかぽ子、樹<たつき>、やっさん(13名)

■映像/須藤敦彦
■照明/坂本あゆみ
■衣装/雪浦聖子
■音響/unovasound

■舞台監督
○rikako
東京出身。社会人生活に終止符を打ち、2003年よりモダンダンスを学ぶためNYへ。ダンスでパフォーマンスなどをする傍ら。ヨガに出会う。その後全米ヨガアライアンスを取得し、ヨガがNY生活の中心になる。2008年6月帰国。現在日本でヨガインストラクター、またセラピストとして活動中。

■統括
○Kanae
日々のYogaで磨かれた強くしなやかな身体を元に、エネルギーに溢れるダンスを踊るアフリカンダンサー。元TV局ディレクターという変種。NY留学、3度の長期ギニア滞在を経て、アフリカンを身体に落としていく。その後。ハウスやコンテンポラリーにも挑戦し続け、今回の舞台を思い立つ。人を巻き込むことに関しては天下逸品。現在はWSを開催しながら、アフリカンに留まらずに活動中。
  
Posted by funkaholic at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月25日

3月もクラス継続&今週のレッスン予告

先日のアンケートには沢山のご意見ありがとうございました!

その結果ふまえ&参加したいと言ってくれる方が多かったので(ほんと感謝です。。)、クラス自体は3月も、第一週の6日を除く【13,20,27土曜】15時半〜17時で行うことにしました。※頂いたご意見をふまえ、内容の詳細はまた後日書きます。

で、今週のレッスンですが、参加表明してくれている人がダンス自体初めて〜他のジャンルは経験者、と幅が広いので、振り付けまでの部分(一時間弱)は今まで通りの進行でやります。

ただ、1月から引き続きクラスに出てくれている人がもし参加してくれる場合には、新しいステップをいくつか教えます&これまでにやってきた「ペアダンス」の応用(運動量がっつりの本来あるべき姿)も教えるので、参加してもらえる場合は事前に連絡もらえると助かります!

ちなみに今週の振り付けは「R&Bハウス」。またまた新境地やります(笑)曲はHeather Headleyの「Fallin For You」を使います。


以上、またまた取り急ぎのご案内ですみませんー ><
  
Posted by funkaholic at 11:25Comments(0)TrackBack(0)

2010年02月21日

【相談】レッスンについて率直に聞かせて下さい

スタジオハーツ@目黒でのHOUSE入門クラス(と言ってもストリートダンス自体の基礎をやったり、曲も新旧のHOUSEのみならずR&Bや最近のHIPHOPも使ってるので比較的オールジャンルに近いのだけれど※)についてちょっとご相談させて下さい。

※クラスは毎回、
・準備体操20分(ストリートダンス全般に必要なストレッチを時間をかけて一通りやります)
・ストリートダンス全般の基礎10分(主にアップ・ダウン)
・ハウスの超基礎のリズム取り15分(ただ跳躍してるだけでもHOUSEに見える!とか、HOUSEならではのノリの練習)
・ハウスの超基礎ステップ15分(ステップの種類を多く教えるというよりは、一つのステップのバリエーションや皆さん個々の課題に対する指導をします)
・振り付け30分(毎回、いわゆるHOUSEだったりHIPHOP風だったり今日みたいにガールズ風だったりと、参加メンバーに合わせて変化をつけてます)


<→冒頭の続き>
皆さんに相談というのは‥皆さんのこれまでのご協力(ご参加)のおかげで、いまスタジオ側からクラスを3月も同じ時間(土曜15時半〜)続投しないか、というオファーを受けています。
ただ3月は皆さんだいたい社会人だし期末だしで忙しいだろうから、いっそのことどんな感じか皆さんに直接聞いてみようかな、と思って書いて(聞いて)みることにしました。

(と言いながら、更にはこれまでの反省も含めてレッスン内容の見直しも視野に入れて考えています)


スタジオ側には週明けに回答するんですが、それまでに「都合がつけば来たい」「内容によっては来たい」「一回くらいなら来れるかも」「今の内容であれば一回の参加で十分」などを、アンケート的にコメントもしくはメッセージで教えて頂けたら幸いです。


実際、中には既に来たいと言ってくれている生徒さんもいるし、何より引き続きめちゃくちゃ名誉なオファーであることは間違いないのですが、これまでに自分が行ってきたレッスンの内容にリピート要素があるかも含め、皆さんのご意見を真摯に受けとめた上で判断しようと思ってます。


本当に簡単で結構ですので、感想・要望・お叱りなどざっくばらんにお聞かせ頂けたらと思います。


何卒宜しくお願いいたします。


■FOOMIN'
  
Posted by funkaholic at 00:46Comments(0)TrackBack(0)