2010年03月31日

明日から社会人になる皆さんへ(それ以外の人も)

毎年、ダンスやクラブつながりで多くの学生の友人ができ、就職活動を経て社会人になっていく経過を見ています。今年もそんな季節が来たんだなぁと思うと同時に、「自分と干支が同じ世代が遂に社会人か〜」と驚いてみたり笑

で、いつも就職活動の相談などを通じて自分が関わった人に伝えている事を、今年はここに書いておこうかなと思います。それは、営業/販売/企画/生産/総務など後方業務/サービスetc、と職種を問わず、

1.転職市場が流動的な今日でも、新卒で入った会社はやはり社会人としての自分のベースを(いかなる形になるにせよ)形づくる

2.新卒からの最初の数ヶ月、半年、1年、数年をどう過ごすかで、その後の自分のキャリアパスが変わってくる

この2点に尽きるかなぁと(っていっても別にプレッシャーをかけているわけではないです)。

そして、自身の経験だけでなく、過去に経験した新入社員トレーナー職などを通じ、また毎年多くの新卒の友人達の話を聞いてきて、上記の1、2を左右する「ポイント」を、自分は「『2つの客観』というものを意識することが出来るか否か」だと捉えています。

* * *

新入社員の教育では、よく言う「学生気分をまず取り払う」ような研修を行います。でも、これにはメリットとデメリットがある。

■メリット
「これまでの【価値観】を壊し、新しいものを吸収しやすい土壌を作る」
→例えば大学生であれば、今日までは「先輩」であり「最上級生」だった訳です。これが「上は60歳以上」の世界の一番下の存在になる。このガラっと変わった新しい【価値観】をどこまで受け入れることができるかが成長のポイントとなる(これはずーっと旧来から言われていることですね)。
※海外に住んでいたことがある人などは、比較的こうした「違う価値観(異文化)」を容認することに慣れている傾向があるようです。でも自分の例で言えば・・「井の中の蛙」だった事を痛感した瞬間でした。

■デメリット
「企業側の視点(理屈やルール)を押し付けてしまう」
→これは悪い例で、企業に責任がある場合の話。研修で【価値観】を壊すだけでなく、企業の論理を無理矢理刷り込んでしまう(こういう場合に限って教え手は「新鮮な視点・お客さまの視点を忘れずに」とか言います・・)。ところが、教え手自身がすっかり現場離れしてしまっていると、言っている事と求めている事が矛盾してしまう。これでは新卒を採用する意味がない。

* * *

さて。まずメリットの部分で、自分は敢えて【価値観】という言葉を使いました。これが決して「企業のルールや理屈」ではないことに注目してください。ここでは、あくまで「価値観は多様である」という事だけが分かればいい(ロボットになってはいけない)。

次にデメリットの部分で書いたこと。これこそ正に求められている事で、「どれだけお客さまに近い立場で物事を考えられるか」が大切なんです。

つまり理想の状態は、「A:多様な価値観を容認し、新しい情報を素直な眼で見る(自分の経験だけによる先入観を持たない)=客観」+「B:その情報が正しいどうかの判断は『自分がお客さま(もしくはサービスや業務の受け手)だったらどう感じるか?』という視点で決める=主観」。


でも、よく見てください。自分の「主観」を捨てて、多様な価値観を容認することを「客観」と書きました。これを第一の『客観』とします。でも、本来は自分の視点=お客さまの視点=「主観」なんです。つまり「主観=客観」とも言える。そう考えると、本質的には「観」は2つでなくて1つなんです。これを第二の『客観』とします。

ところが、企業側が誤った教育をしたり、受け手である皆さんが受け取り方を間違えてしまったりすると、主観と客観の意味がどんどん離れていく(主観が「客」観からどんどん離れていき、「主」観の要素だけが強くなる)。すなわち、第二の『客観』が「客」観ではなくなっていく。


ややこしくなってきたので話を戻します。結局のところ「世の中や物事・人物や意見を客観視しつつ、判断は主観で行う」というのは、一見どこか矛盾しているように思えます。ここで多くの人が壁にぶつかってしまったり、企業側の方でも間違った教え方をしてしまう。

前に述べたように、主観は、(ここでいう独自の意味付けにおいては)『客観』なんです。そう考えれば、決して矛盾していない。この「2つの『客観』」をバランス良く使い分け、かつ、第二の『客観』を「主」観(=先入観やステレオタイプ)にしてしまわない事が、成長を分けるポイントとなるんです。

* * *

冒頭に書いたように、きっと誰もが、最初に入った会社のことはいつまでもよく覚えているでしょう。もしかしたら、それは「悪い思い出」として残るかもしれない。

でも、新卒を採用しようとする会社は、相当なコストとエネルギーをかけて皆さんを採用し、何かしらの形で教育しようとします。これまでに書いてきたように、企業によってはそのアプローチが間違っている場合もあるでしょう。その結果、入社早々退職してしまう人もこれまでに見てきました。

でも、この『2つの客観』を意識することで、例えば企業側に「至らない部分」があっても、少なくとも新しい【価値観】との出会い(第一の『客観』のきっかけ)になると考えることができる訳です。そして、そんな中でも決して第二の『客観』を忘れてはいけない。


人は、エネルギーのぶつかり合いの中でこそ成長します。そして、新卒を採用する会社の現場には、どのような形であるにせよこの「エネルギー」が満ちているはず。その中で、ぜひ多くの物事を経験し、成長していって欲しいと思います。

自分はこれまでに会社を4つ渡り歩いてきましたが、2つ目の会社からは、あくまで「実力主義」。ひとたび転職の道へ踏み出すと、そこから先は「自分の(転職市場での)商品価値」との戦いの日々です。

皆さんは、もしかしたら最初に入った会社で長い年月をずっと過ごすかもしれない。もしかしたら、早い段階で転職を検討するかもしれない。でも、繰り返し述べてきたように、「新卒でしか学べない事」は確実に存在します。

今はまだピンとこなくても、「まぁそんなもんなんんだ」と今は思ってもらいながら、もし疑問を抱いたり壁にぶつかったりした際、この「2つの『客観』」という考え方を思い出して貰えたら幸いです。

* * *

明日から社会に出る皆さんと、将来一緒に仕事をしたり、もしくは互いの夢やビジョンについて語り合うことができたら良いな、と思っています。そこで最後に、自分の恩師から教わった言葉を皆さんに送ります。

「自らが本質的な変化を求めることによって『選択』に変化が現れ、出かける場所や出会う人に変化が生じる」

「自らの自律的変化に沿った他者の影響を受けることができる」

「そして環境や自分自身に変化が生じる」

「こうして人は成長していく」

* * *


あと数時間後に「社会人」となる皆さんを、心から応援しています。


■FOOMIN'
  

Posted by funkaholic at 21:54Comments(0)TrackBack(0)

2006年01月15日

『下流社会』を読んで考えた (超マジメ)

077640d3.jpg年末年始に読んだ本シリーズ。こういった社会学的観点からの本が話題になるのも久しぶり?でしょうか。自分も学生時代は社会学専攻だったので、懐かしいなぁと思いながら購入。
・『下流社会』

本書はあとがきで筆者も書いているように、論拠となっているアンケート調査のサンプル数は必ずしも多いといえるものではありません。しかし、おそらく誰もが現代の日本をみて「何となく感じていたこと」を切り取っているという点では、今後の議論や追証のタタキとしてよかったのではないかと思います(逆に言えば、これだけを理由に事業戦略を変える、なんてのはもちろん危険ですよね)。

さて、本書では「所得」「消費」「生年」という3つの軸から日本人を分類し、その生活満足度や消費傾向を比較しています。そこで用いられるのが「上」「中」「下」という括りなのですが、これはとくに筆者が差別的に用いているのもではなく、あくまで戦前の日本から存在する括りを現代にあてはめ、かつモニター自身もそのいずれかを任意に選んでいるというものです(どうも「上下」とかって表現は好きじゃないです・・)。


この本で述べられていることを自分なりに整理してみました。

■過去
1955年体制における「一億総中流化・平等化モデル」

富の再配分と消費の増加(高度消費社会)

C耄社会の登場と増加

消費・労働共に「豊かな日本」に

■現代
ぅ皀里売れない時代

ジ柩儺_颪慮詐と労働時間の増加

市場の選択肢の増加

А崋分らしさ」思想の定着

「下流階層」=多くを望まない階層の登場

い悗良蕕離好僖ぅ薀


本書ではこの「下流社会」にいくつかの警鐘が述べられていますが、僕が特に注目したのはΔ良分。

どういうことかというと、まず過去に見られた「新しい暮らし(テレビや自動車、洗濯機など)の提示」というマーケティング(特にマスマーケティング)は、モノが豊かになった中流社会においては当然、通用しなくなりました。

ここで生まれてきたのが市場の細分化(セグメンテーション)。中流社会とはいえその中には様々な消費者が存在しますが、そのそれぞれの層に特化した商品が売られるようになる。特に低価格化、地方への商圏の拡大などが顕著であり、100円ショップやドンキホーテ、ネットオークション、衣料や飲食店の細分化、地域駅ビルの発達など。これらは皆「“もう一歩先”を目指す欲求」を不要にし「手近な場所で&自分にぴったりな」消費を可能にしてしまった。

その結果、当然消費に対する不便や不満を解消するための向上心はなくなり、またそのそもその向上心(ちょっといいモノを買う、都心に出かけたい・住みたい等)を満たそうと思っても雇用条件が悪いわけですから、余計に階層格差が広がり、固定する。余談ですが、例えば日清は事業戦略自体をこの2極化に対応させ、カップラーメン事業を高付加価値/低価格の2つに分類するという選択を取ったりもしています。

この現象の解決策としては、レクサス論などでよく語られているように、「上」=富裕層に対し、更に高付加価値の商品を訴求するのが良いとされています。事実、雑誌の『LEON』や英会話の「GABA」、ビジネススクールの「グロービス」、富裕層向け金融商品など、富裕層向けの商品やサービスは軒並み成長傾向にあります。

しかしここで僕が最後に述べたいのは、それだけが解決策ではないのでは?ということです。だからと言って日本社会に対する精神論に言及するつもりもありません。ただ、マーケターとしての立場から言えるのは、すなわちマーケティングによって「下流」にセグメントした新たな訴求も提案できる、という可能性に着目したいのです。

確かに、もはや過去のように「中流の生活を目指して必死に働く」時代ではないのかもしれません。しかしここで言う「下流」に対して「ほんの少し先」の生活を提案し、それが就業のモチベーションになる(丁度、雇用も追い風になってきています)。現代日本における「企業およびマーケティングの存在価値」とは、この辺にあるんじゃないかと思ったりした年末年始でしたとさ。
  
Posted by funkaholic at 19:01Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月07日

ブレイキン

5ccdd67d.jpg毎日が慌ただしいですFOOMIN'です。今日はビジネススクールの説明会行ってから会社で資料整理。夜はクラブ行っちゃえー(逃)

さてさて。いま同時進行で転職案件も探してるんですが、インターネットのマーケティングを離れてリアルのマーケティングを目指すには、どうやら前職のアパレル関連の募集、もしくは中堅の成長企業のマーケティング募集、あたりを目指すのが得策らしいです(きのう人材派遣コンサルで教わったw)。

で、色々と探してみたら。おやおや「adidas」。ちょー大量に求人出てるじゃないですか。しめしめ。


以下、会社での会話↓
「adidasっていやーHIPHOPだし似合ってるんじゃないの?」


「んじゃー面接にRUN DMCみたいなカッコして行くか」


「で自己PRでブレイキンw」


「そしたら人事担当もスーツで応戦→フリーズ」


「どこからか役員も出てきてズラ駆使してヘッドスピン」


「でバトルに勝ったら採用、みたいなねw」


・・・


そんな面接だったらいいなぁ。ブレイキンできないけど(爆)


※ちなみにIT業界を離れて「リアル」を志向している理由には、欧米で近年リアル×ネットのマーケティングが急速に伸びている背景があって。日本もすぐにそうなるだろうし、その時代にキャリア優位性を保つにはネット特化じゃ△なのです。がむばるぞー!!
  
Posted by funkaholic at 17:20Comments(3)TrackBack(0)

2006年01月02日

年末年始に読んだ本(経済編)

毎年、年末年始になると本を読み込む習慣があるのですが、この年末は岐路に立っていることもあり相当な数の本を購入。どれも非常に参考になる内容が多かったので、何回かに分けて簡単にレビューしていきます。

■会社四季報別冊 会社四季報プロ500 2006年新春号
会社四季報掲載の企業の中から「M&A」「ユビキタス&IT」「長寿社会」といった注目トピックに基づいて優良銘柄をピックアップしています。株価という評価がすなわち“働くのに良い会社”を示す訳ではないし(特に日本では「会社=株主のモノ」という価値観が定着せず、従業員のロイヤルティに問題を引き起こしているケースもある)、またアパレルのワールドのように非上場という選択肢を選んだ企業もありますが、マクロで見た場合の市場の動向や、資金調達力に基づく企業の成長性は見えてきます。

■日経ビジネス総力編集 徹底予測2006
日経ビジネス別冊。業種ごとの最新動向と、特集記事として現在の主要経済トピックについてのコラムがついており、業種内での勢力分布やR&D(研究開発)動向が分かり非常に役立ちます。コラムに僕の専門分野であるクチコミマーケティングや検索マーケティングに関する記事がありましたが、一般的にはまだニッチな分野にも関わらず非常に内容が深くて驚きました。すなわちその他のコラムも相応に専門的な内容であることが想像され、必死に勉強。

----
以上2冊は小論文の資料として、また転職の参考情報として購入。自分の知識がアパレル(百貨店)とITに偏っているので、知識を補うのには最適でした。このようまとめて情報を調達できるのはたいへん便利ですね。就職活動中の友達にも是非勧めたい内容です。

今年、ニュースとして興味深い分野はモバイル市場と電子マネー。まずモバイル市場に関しては、4月から行われるワンセグ放送(携帯電話でテレビ番組が視聴可能に)への対応や、「おサイフケータイ」、検索・RSS・GPSと言った各種インターネット機能の拡張など技術的な側面で話題が多い反面、11月のナンバーポータビリティー(異なるキャリア間での番号乗り入れ)、価格競争に遂に追随したNTTドコモの上場以来初となる減収減益、ユーザー支持は高いものの赤字のNEC端末など、まだまだ収益構造の面で各社ともに模索中。

その中でNTTドコモは三井住友カード出資しカード事業に参入すると同時に、タワーレコードにも出資。この双方を織り交ぜた戦略で「おサイフケータイ」の利便性を高める動きを見せています。また、新規参入となるソフトバンクとイー・アクセスの動向からも目が離せません。

電子マネー分野では、セブンイレブン・イトーヨーカドー・デニーズを傘下に持つセブンアンドアイホールディングス(企業戦略に特化した持ち株会社)が昨年12月に独自の電子マネー分野への参入を表明。ポイント制を導入し、コンビニエンスストアという業態において課題とされていた顧客の囲い込みへと動きます。西武百貨店・そごうも傘下に収めたことで小売業において世界5位、国内1位の売上高となった同社によるアクションは、これまでなかなか普及の進まなかった電子マネーを一気に加速させるかもしれません。



pro500nikkei2006

  
Posted by funkaholic at 19:49Comments(2)TrackBack(0)

2005年12月28日

慶應行ってきた!

507893e0.gif一昨日、ビジネススクールの願書を買いに慶應大学に行ってきました。なにげに慶應って行ったことなかったからちょっと緊張。WEBによれば三田&日吉の正門警備室あるらしい・・ということでまずは三田へ。

ってか今週ほんと寒いです。赤羽橋から歩いたんですが、通りがビルに挟まれてて日陰&風強い。やっとのことで正門到着。が!しかし。。願書はあったものの「過去問は日吉にしか置いてない」とのこと。ガビーン。だはー。

そんなわけで仕方なく日吉まで行くことを決意。六本木まで歩いて、エストネーションに誘惑されながらもIDEEカフェでさっき買った願書をチェック。なにー慶應ってエッセイ8本もあるー&手書き提出とは。でも推薦状は不要とのことでちょっと楽かも。

さてさて日比谷線〜東横線で日吉へ。が!!ところがところが日吉の正門にも過去問おいてねーっす。さすがに困って電話番号聞いて問合せると日吉の別キャンパスの受付とのこと。しかも受付時間終了してますーって!あと郵送受付も年内は間に合わないとのこと。あわわ。

けっきょく、なんとかお願いして特別に受付開けてもらうことに。受付のおねいさんがわりと、というかカナーリ冷静な感じだったのでプレッシャー感じまくりでもう全力ダッシュ。その勢いで、過去10回分あるというので全部買っちゃいました(各500円)。うーんハードM。いやーほんとドタバタだなぁ。

ちなみに過去問は社会人知識を問うものではなく大学受験みたいな感じの小論文&英語の長文読解。うわー逆にできない。。でもまずはエッセイ書いて一次に応募だーい!

実はこの日、午前中にグロービス(MBAで学ぶ科目を個別に3ヶ月-6回のショートタームで学べる、社会人通学に特化した学校)の説明会で麹町にも行ってきたので、1日中電車に乗ってました。普段は車移動が多いので、かなり珍しい1日。路線によってずいぶん乗ってる人や広告が違うなー、なんて考えちゃうあたりは根っからのマーケ好きなんだろうなと思いつつ。

----
そんなこんなで現在、早稲田&慶應のビジネススクールの受験、グロービスでの人的交流&不足知識の短期習得、普通に転職、を全て同時に視野に入れて活動中。新人の頃と違ってもう比較検討の時間もあまり取れないので、気合の同時進行です。

実際、けっこうしんどい。今の会社も1月一杯で離れるので、正に真剣勝負です。背水の陣。将来のキャリアゴールのために、勇気を持って1歩を踏み出します。今年は仲間に恵まれた良い1年だったので、不安も小さく感じます!
  
Posted by funkaholic at 11:02Comments(10)TrackBack(0)

2005年12月19日

初体験★

e75b28dc.gifTOEFLのことねw
いよいよ明日です。

ってか朝9時からとかって早っ!いつも会社が10時からなので、それよりも1時間も早いー!(普通の会社の皆さんごめんなさい・・)

もう大体ネタバレしちゃってるんで書きますが、来年に国内MBAの受験をします。1月に願書の提出があって、急遽英語のスコアが必要になったという訳でした。TOEICじゃスコア間に合わないので、仕方なくTOEFL。とゆーかどっちも受けたことありません!

そんなこんなで初めてのTOEFL。いま本番と同じ模試@PCも終わり、あとは寝るだけー。ってかこんなの書いてないで早く寝ろって感じですが。明日の朝に応援のコメントとかあるといいなーってな具合であえて書いてたりしますw(←もう深夜だからコメントないだろーけど)

まぁ受験決めたのが1週間前。会社行きながらの勉強だったので語彙増やすのは最初から断念。マニュアル本買って設問の攻略法だけ予習、みたいな感じで。殆ど学生の時の知識の腕試しみたいなもんです。国内MBAでは英語のスコアの良し悪しは選考にあまり影響しないようなので(書類として提出できてればOK)、ちょっと安心。。

※TOEFLはパスポート持参なんですね。ちなみにパスポートの写真はツイスト(毛束をひねって細いドレッドみたくしたやつ)なんですが、ちゃんと本人識別してくれるんだろーか??

  
Posted by funkaholic at 01:06Comments(11)TrackBack(0)