2007年06月01日

HOUSEでまたやっちゃったw

ハウスのダンサー向けDJイベント@AIR行ってきましたー。目的はグラスホッパーのTATSUOさんのソロパフォーマンス。


前情報では、このイベントは7月のWorld Wideの出演ハウスダンサーのオーディションも兼ねてて、エントリー希望者は24時前にAIR集合。

でも、もちろん仕事でそんなに早く行ける訳ないしってことで(てかそもそもHOUSE踊ってなくてオーディションどころじゃないしw)、上のcafeでマイミクるいくんと待ち合わせてのんびり入場。

で、てっきりオーデョションは早い時間にやって、DJタイムあって、ショーあって、な流れだと思ってたんですが・・ところが。


始まってみたらOPENから最後までずーっとDJタイム。で、その中で審査員が目に留まったダンサーをPickUPしていくとゆう形式。そんな訳で、フロアは終始バトル、バトルの嵐。みんなどこで見てるか分からない審査員に対してアピールしまくり。

自分は翌日仕事だし足痛めてるしで全く踊る気なかったので、入るなりがっつり酒飲んでた&久々のAIRとゆうこともありオサレ勝負服※(←何に勝負?w)=決して踊ってはいけない服装(笑)だったので、最初は熱いフロアの端っこでるいくんと観戦決め込んでたんですが。。。

(※買ったばっかのDIESELのシャツ&MarcJacobsのTシャツとかお気に入りのDGのベルトとか)













はい。やっぱりサークル混じっちゃいました。




しかも朝までひたすら踊っちゃったw もうこれだけはしょうーがないすね。だって無意識なんだもん。思えば生まれて初めてクラブに行った時も、同じノリでダンサーのサークルに飛び込んでしまって(勿論ダンスなんてやったことなかった)、僕のダンス人生が始まった訳です。


でも、ガンガン踊ってるオーディション参加の若手衆と絡むものの、
●ジーンズ→ちょー腰パンで落ちそう
●ベルト→足開きすぎると外れる仕様
●Tシャツ→素材薄くて暴れると破れそう
●白シャツ→細すぎて腕が上がらない&汚したらOUT
●スニーカー→AIR FORCEで重すぎ
とゆうコンディション。とりあえず、服破けなくてよかったw


なので、もうフロアに入るときなんか、シャツ汚さないように気を遣いながら踊るとゆう初めての体験をしました。。おかげで普段じゃ絶対やらない妙なムーヴが自然に生まれたかもw

で、十分踊ってからは、サークルに踏みきれない後ろのほうの参加者くん達と一緒に踊りながら&盛り上がりながら、そのままどんどんサークルの中に放り込みまくってきました。でも、みんなそしたらすげー上手いでやんの。萎縮してちゃもったいない!


そんなこんなで、すっかり汗だっくーになったころにTATSUOさん登場。踊った時間は短かったけど、初めて見る生の踊りはやっぱヤバかった!2m四方くらいの狭いステージだったのに大技もやっちゃうし、何より音のとり方がハンパなかった。脳裏にしっかりと焼き付いちゃいました。


と、ゆう訳で。HOUSE完全復活宣言します!この週末から自主練に励みます。前から何度も書いててなかなか踏み切れなかったけど、ようやく踏ん切りがついた。自分で決めてた「HOUSEの封印」解きます。


実際、服装がどーのこーの書いてるものの、単純に自分の踊り表現幅の古さというか一地世代前の技術で止まってることも悔しかったし。

足の爆弾はあるけど、やっぱHOUSEのソロが一番好きなのは昔も今も変わらないので・・久々にいっちょやってみます。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/funkaholic/50856836