2006年04月11日

【マーケティングとは】 ― 祖父の志を継いで

8550a6da.jpg先日の日記に、沢山のコメントありがとうございます。実際のところ・・今週も転職の面接ラッシュで、悲しんでいる間もなく(というと語弊がありますが)駆け回っています。昨日もウ●ルコムのマーケティング職の最終面接(社長面接)。例にもれず圧迫されまくりでしたが、気持ちをを無理やり引き上げて無事、内定を頂いてきました。併せて先週が最終だった新●銀行からも何とか内定の連絡を頂く。

※ちなみに業種としては「今後“ネットマーケティング×リアル世界”のイノベーションが集中する市場」としてモバイル/金融のリテール事業/広告代理店のネット商品分野を中心に活動しています。

思えば転職活動を始めて早2ヶ月半。2月に応募を始め、ようやく各社とも最終面接や処遇の提示に差し掛かっています。受けている企業では大きな組織の所が多いので(書類選考の後に面接4回なんてところもあります)、長期戦は避けられない。一番大きなところでは●通でもまだ選考に残れているし。もうひと踏ん張りです。

------
さて、前回のエントリで少し触れましたが、母方のじーちゃんは生前、マーケティングの仕事をしていました。自分が幼い頃の記憶なのであまり覚えていなかったのですが、じーちゃんの家には書斎があって、本棚には難しそうな本がたくさんあって、じーちゃんが書斎にこもっているときは邪魔をしてはいけなくて。

また母からは「森永のマーケティングを手がけていた人で、大学で講師もやっていた」などと聞いていました。この数年、自分マーケティングの仕事に携わるようになったこともあり、「あの書斎の本をいま読むことができたら・・」といつも思っていたんです。ところが。ばーちゃんの家(引っ越していた家)に行ったところ、じーちゃんの遺品を置いてある部屋に・・残っていたんです。もう、涙が止まらず立ち尽くしてしまいました。

その後、詳しくじーちゃんの話を聞いたのですが、戦後に森永に中途で入社、中途の人間として初めて役員になった人だったのだそうです。マーケティングの仕事を通じ、“日本生産本部(資生堂や松下などの企業TOPを中心とした横断的な組織)”からの派遣で海外視察に行ったり(日本に「マーケティング」という言葉を持ち帰ったのが、この日本生産本部らしいです)、電通の広告賞の審査員をしたり、宇野政雄教授(早稲田大学名誉教授)と共に本を書いたり、更には森永に内緒で(!)大学の講師までしていたらしい・・。もう、偉大すぎて急に遠い存在に感じてしまったほど。実際に著書や訳書(以前は英語の教師だったらしい)も残っていて、それらを手にし、とはいいながらも大きな運命のようなものを感じました。

※じーちゃんはいつも、毎日夜中の3時ごろまで勉強し、朝6時に起きて出社。「スーパーマン」と呼ばれていたそうです・・。


著書としては(いずれも昭和30年代)、
・「マーケティングの理論と実際」(全国相互銀行協会)
・「私は買われたい」(日本生産本部)
・共著「現代の経営学」(中央公論社)
・共著「マーケティングハンドブック」(ダイヤモンド社)

など。今いくつかを借りてきて読み始めています。ざっと見た感じだけでも、まさにマーケティングの古典というか、基礎が凝縮されている。約半世紀を経て社会の経済は大きく変化しましたが、こうした本質の部分は変わらないんだなぁと感じ、そして改めて感動しました。


じーちゃん。21世紀の世界では、「インターネット」の台頭がマーケティングの仕組みを大きく変えようとしています。でも、じーちゃんが定義した「マーケティングの本質」というものは、今も大きくは変わっていません。自分はその大きな潮流の中で、新たなマーケティングの手段や仕組みを作り、社会に貢献していきたい。そう思っています。


ほんと、頑張らなきゃ。。じーちゃん、どうか応援していて下さい。



(以下『マーケティングの理論と実際(五老信吉/昭和37年)』より引用)
------
■マーケティングとは

マーケティングの定義は人によって違います。大体違うのが普通だろう、というのは、マーケティングというのは非常に広い意味をもっております。(中略)世界で一番いい定義だろうといわれている定義が一つある。これはアメリカのシカゴにありますアメリカン・マーケティング・アソシエーション(A.M.A)の定義委員会が作った定義ですが、学者にも実業家の方々にも支持されているという定義であります。

この定義はどういう定義であるかというと「マーケティングとは生産された商品またはサービスを、最終使用者の手に届けるまでの一切の商活動をいう」というふうにいわれております。この定義が一番いいのだろうと定義されておりますが、私は必ずしもこの定義はいいとは思わないのです。これは個人によって皆違うそうですから、いたし方ないのですが、私は、次のように直したらいいのではないかと思います。

「マーケティングとは、市場の需要を適格に把握し、これに適合させるように計画され、生産された商品またはサービスを、最終使用者の手に届け、さらにその結果を充分把握して次の計画に活用するような一切の商活動をいう」というふうに直したいと思います。というのは、先ほどのアメリカ・マーケティング協会の定義によりますと“生産された商品またはサービスを”という文章を使っている。ここが私は気に入らない。

マーケティングというのは「こっちの一方的な考え方で作った商品を最終使用者の手に届ける」ということではいけないのではないか。それでは今までの、作ったものを売るという考え方とちっとも変わらないのではないか。ところが、マーケティングというのはそうじゃない。あくまでも市場における最終使用者といいますが、最終使用者というものの需要をつかまなくてはいけない。・・・

------

マーケティングの権威にいきなり反論w じーちゃん凄いです。

そして本当に驚いたこと。自分は前職にてマーケティングのトレーナーを務めていましたが、上記の「一般的は定義はこうだが実際はこう」という【全く同じ説明】を、自分も自然発生的に部下や新入社員に行っていたという点。今となっては一般論なのでどこかで見聞きしていたのかもしれませんが・・ここにもどこか運命的なものを感じました。

しかし、日本にマーケティングという言葉が持ち込まれたのが昭和30年の秋。じーちゃんはこの頃から既に「マーケットイン視点」と「フィードバック」を説いていたんですね・・。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/funkaholic/50453591
この記事へのコメント
就職活動、最終も無事に突破したみたいで良かったす!

それにしても、このお話を読むと、「血統」というものを感じずにはおられません。ほんと、これは運命ですね。
Posted by Nicky at 2006年04月11日 23:27
すげぇ!びっくりした!
やっぱりそんなおじいちゃんの孫として、生まれるべくして生まれたんだろうな。
っていうか、「スーパーマン」なところがじーちゃんとそっくりなんじゃない?キミ。
Posted by とら at 2006年04月12日 00:16
本当に家族の血統を感じる!!ww
霊てきな?運命的な?力がありそう!!
あと、内定おめでとう!!ミドも就活で、面接ラッシュ!!
緊張する〜。。
Posted by ☆みど☆ at 2006年04月12日 02:02
まじまじ読んじゃった。
お馬鹿な私にはなかなか理解できる事じゃないけどね・・・汗

FOOMIN'のお祖父ちゃん、ホントにすごい人だね。
スーパーマンって言われてたお祖父ちゃんの血を受け継いでるんだから、ゆくゆくFOOMIN'もスーパーマン・・・だねw

転職活動も早く落ち着くといいね。
レベルの高い会社の内定がそんだけ決まってるのもすごいと思う。

頑張ってね☆FOOMIN'☆
Posted by LICCA at 2006年04月13日 12:32
この年齢の転職活動で
そんなに内定もらってんのか。
素直に凄いと思うよ。
Posted by モンモン at 2006年04月13日 21:37
コメント遅くなりますた・・

>Nicky
気付いてみたら従兄弟も広告関係多かった。w

>とら
聞く限り、じーちゃんの方が体力あります。。すげ。

>☆みど☆
ミドもがんばれー!相談ならいつでものりますよん。

>LICCA
ほんと早く落ち着けないと貯金がどんどん減ってきます(マジ)

>モンモン
久しぶり!勉強の調子はどうだい??
20代のキャリアをネットマーケという“手に職”作りに充てたのは
間違ってはなかったようです。

でも今だからギリギリ通用するんだろうな・・もうすぐこの分野も
人材飽和になりそう。ぎゃふん。



Posted by FOOMIN' at 2006年04月17日 17:16
おひさし〜。同じMKをやっている人間として応援しています。
ほんとに奥が深いよね。マーケティングってやつは。

やっぱり、昭和でも平成でも人がものを買う行為があればマーケティングが必要なわけで。でも、昭和30年代から学問になっていたということに驚いた。

がんばってね〜。落ち着いたら連絡ちょうだい。
Posted by Jimakei at 2006年04月21日 19:40
大パパのマーケティングのこと書いてくれてとても嬉しいです。
Posted by 藤田恵美 at 2006年04月25日 21:24
>Jima
久しぶり!
今回はかなりのリスクテイクだけど、思い切って飛び込んでみようかと思って。
もうすぐ落ち着くので語りましょ。てか俺も月島あたりに住もうかなw

>恵美ちゃん
おおお?どこから辿りついたの???
自分にとってこ数週間は、何だか大きな転機になった気がするよ。
Posted by FOOMIN’ at 2006年04月26日 13:51