2010年03月31日

明日から社会人になる皆さんへ(それ以外の人も)

毎年、ダンスやクラブつながりで多くの学生の友人ができ、就職活動を経て社会人になっていく経過を見ています。今年もそんな季節が来たんだなぁと思うと同時に、「自分と干支が同じ世代が遂に社会人か〜」と驚いてみたり笑

で、いつも就職活動の相談などを通じて自分が関わった人に伝えている事を、今年はここに書いておこうかなと思います。それは、営業/販売/企画/生産/総務など後方業務/サービスetc、と職種を問わず、

1.転職市場が流動的な今日でも、新卒で入った会社はやはり社会人としての自分のベースを(いかなる形になるにせよ)形づくる

2.新卒からの最初の数ヶ月、半年、1年、数年をどう過ごすかで、その後の自分のキャリアパスが変わってくる

この2点に尽きるかなぁと(っていっても別にプレッシャーをかけているわけではないです)。

そして、自身の経験だけでなく、過去に経験した新入社員トレーナー職などを通じ、また毎年多くの新卒の友人達の話を聞いてきて、上記の1、2を左右する「ポイント」を、自分は「『2つの客観』というものを意識することが出来るか否か」だと捉えています。

* * *

新入社員の教育では、よく言う「学生気分をまず取り払う」ような研修を行います。でも、これにはメリットとデメリットがある。

■メリット
「これまでの【価値観】を壊し、新しいものを吸収しやすい土壌を作る」
→例えば大学生であれば、今日までは「先輩」であり「最上級生」だった訳です。これが「上は60歳以上」の世界の一番下の存在になる。このガラっと変わった新しい【価値観】をどこまで受け入れることができるかが成長のポイントとなる(これはずーっと旧来から言われていることですね)。
※海外に住んでいたことがある人などは、比較的こうした「違う価値観(異文化)」を容認することに慣れている傾向があるようです。でも自分の例で言えば・・「井の中の蛙」だった事を痛感した瞬間でした。

■デメリット
「企業側の視点(理屈やルール)を押し付けてしまう」
→これは悪い例で、企業に責任がある場合の話。研修で【価値観】を壊すだけでなく、企業の論理を無理矢理刷り込んでしまう(こういう場合に限って教え手は「新鮮な視点・お客さまの視点を忘れずに」とか言います・・)。ところが、教え手自身がすっかり現場離れしてしまっていると、言っている事と求めている事が矛盾してしまう。これでは新卒を採用する意味がない。

* * *

さて。まずメリットの部分で、自分は敢えて【価値観】という言葉を使いました。これが決して「企業のルールや理屈」ではないことに注目してください。ここでは、あくまで「価値観は多様である」という事だけが分かればいい(ロボットになってはいけない)。

次にデメリットの部分で書いたこと。これこそ正に求められている事で、「どれだけお客さまに近い立場で物事を考えられるか」が大切なんです。

つまり理想の状態は、「A:多様な価値観を容認し、新しい情報を素直な眼で見る(自分の経験だけによる先入観を持たない)=客観」+「B:その情報が正しいどうかの判断は『自分がお客さま(もしくはサービスや業務の受け手)だったらどう感じるか?』という視点で決める=主観」。


でも、よく見てください。自分の「主観」を捨てて、多様な価値観を容認することを「客観」と書きました。これを第一の『客観』とします。でも、本来は自分の視点=お客さまの視点=「主観」なんです。つまり「主観=客観」とも言える。そう考えると、本質的には「観」は2つでなくて1つなんです。これを第二の『客観』とします。

ところが、企業側が誤った教育をしたり、受け手である皆さんが受け取り方を間違えてしまったりすると、主観と客観の意味がどんどん離れていく(主観が「客」観からどんどん離れていき、「主」観の要素だけが強くなる)。すなわち、第二の『客観』が「客」観ではなくなっていく。


ややこしくなってきたので話を戻します。結局のところ「世の中や物事・人物や意見を客観視しつつ、判断は主観で行う」というのは、一見どこか矛盾しているように思えます。ここで多くの人が壁にぶつかってしまったり、企業側の方でも間違った教え方をしてしまう。

前に述べたように、主観は、(ここでいう独自の意味付けにおいては)『客観』なんです。そう考えれば、決して矛盾していない。この「2つの『客観』」をバランス良く使い分け、かつ、第二の『客観』を「主」観(=先入観やステレオタイプ)にしてしまわない事が、成長を分けるポイントとなるんです。

* * *

冒頭に書いたように、きっと誰もが、最初に入った会社のことはいつまでもよく覚えているでしょう。もしかしたら、それは「悪い思い出」として残るかもしれない。

でも、新卒を採用しようとする会社は、相当なコストとエネルギーをかけて皆さんを採用し、何かしらの形で教育しようとします。これまでに書いてきたように、企業によってはそのアプローチが間違っている場合もあるでしょう。その結果、入社早々退職してしまう人もこれまでに見てきました。

でも、この『2つの客観』を意識することで、例えば企業側に「至らない部分」があっても、少なくとも新しい【価値観】との出会い(第一の『客観』のきっかけ)になると考えることができる訳です。そして、そんな中でも決して第二の『客観』を忘れてはいけない。


人は、エネルギーのぶつかり合いの中でこそ成長します。そして、新卒を採用する会社の現場には、どのような形であるにせよこの「エネルギー」が満ちているはず。その中で、ぜひ多くの物事を経験し、成長していって欲しいと思います。

自分はこれまでに会社を4つ渡り歩いてきましたが、2つ目の会社からは、あくまで「実力主義」。ひとたび転職の道へ踏み出すと、そこから先は「自分の(転職市場での)商品価値」との戦いの日々です。

皆さんは、もしかしたら最初に入った会社で長い年月をずっと過ごすかもしれない。もしかしたら、早い段階で転職を検討するかもしれない。でも、繰り返し述べてきたように、「新卒でしか学べない事」は確実に存在します。

今はまだピンとこなくても、「まぁそんなもんなんんだ」と今は思ってもらいながら、もし疑問を抱いたり壁にぶつかったりした際、この「2つの『客観』」という考え方を思い出して貰えたら幸いです。

* * *

明日から社会に出る皆さんと、将来一緒に仕事をしたり、もしくは互いの夢やビジョンについて語り合うことができたら良いな、と思っています。そこで最後に、自分の恩師から教わった言葉を皆さんに送ります。

「自らが本質的な変化を求めることによって『選択』に変化が現れ、出かける場所や出会う人に変化が生じる」

「自らの自律的変化に沿った他者の影響を受けることができる」

「そして環境や自分自身に変化が生じる」

「こうして人は成長していく」

* * *


あと数時間後に「社会人」となる皆さんを、心から応援しています。


■FOOMIN'
  

Posted by funkaholic at 21:54Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月11日

いい天気だー!

8b256aa0.jpg早出なう 誰よりも早く来て誰よりも遅く帰るw

もうすぐ週末=踊りまくり。楽しみだー!
  
Posted by funkaholic at 08:43Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月10日

SWAGGER×3!

dec32ed9.jpg最近ダンス絡みの内容ばっかなので‥最近買った服。アフリカンを意識してみさましたw

あとはWild Thingsのカラーボーダーパンツも欲しいんだが‥ちと高い :-<
  
Posted by funkaholic at 09:49Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月07日

【豪華メンツ】4/11(日)アフリカンの舞台に出ます ※まずは試しに内容見てみてください!

またいつものように・・mixiの方、ここ1ヶ月くらいコメント全然返せてないですね。。ごめんなさい。みんなからのコメント、すごく励みになってます。

特にダンスに関しては(仕事はもう火事場なんで置いといて)、社会人ダンサーとしてここまで辿り着けたことが自分でも信じられないし、何よりここまで出来るのも今が最後かな?というのもあってオファーを全部受けてみたら、老舗かつ大手スタジオでのレッスン、大学生サークルのコーチ、チーム活動、に加えて何と!アフリカンの舞台(自主公演)の出演も新たに決まりました。

これまたアフリカンの大御所の皆さんや、ストリートダンスで言えばブレイキンのKATSUさんとの共演など、もう嬉しすぎて鼻血がでそうw 詳細は以下の通りなんですが、自分以外の(笑)メンツが凄い。これはぜひ観に来て頂きたい!

ちなみに前売りで【2000円】と安めの設定なのと【1回公演のみ】で席数に限りがあるので、もし来て頂ける方は早めに教えて下さい!

--------------------------------------------------
【コネクト】「Connectdance A live」
--------------------------------------------------
<詳細>
■日時:2010年4月11日(SUN) 18:00開場18:30開演
■場所:赤坂区民センターホール
    港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティーぷらざ内
   (赤坂見附駅A出口から徒歩10分/青山一丁目4番出口から徒歩10分)
■料金:当日2500円 前売り2000円

<テーマ>
人と人、人と音、私と私。点と点が出会って生まれる衝動。そのカタチは様々に。「But It ユs rooted in the same place.」原初的な衝動から生まれたアフリカンダンスを軸に、ストリート、コンテンポラリーからハワイアンまで、色とりどりに展開する挑戦的な企画、 dance☆A☆live!躍動的な太鼓に、肚の底から突き動かされるエネルギーたち。

ここでしか生まれえないエネルギーの渦へ、ようこそ。

<出演>
■dance
○イスマエラ
アフリカ セネガルのサバールダンサー。他にも コンテンポラリー ストリート アクロバット 色々やります。舞台やクラブイベントに色々出演中。所属チームは FAR HOOK CREW。

○KATSU
FAR HOOK CREW,COPERNICUSとして活動中。PV,CM出演,その他ダンス映画,ダンスDVDやテレビ番組などにも振り付け,出演し,現在ビール好き。

○純子
幼少の頃にクラッシックバレーを学び、様々なダンスに夢中。その後プエルトリコ、沖縄県石垣島に移り住み10年間南の島の風土と生活を経験。石垣在住時に、フラの恩師である「テレサ・アナナ・カラウラニ・保久盛」と運命的な出会い。テレサよりアロハ・オリ・フラを伝授され、アロハ精神である愛・喜び・祝福をもって人々に伝える踊りを目指し活躍中。

○杉ぽん
普段は千葉を拠点にするメタルギニーにて活動。コラ(アフリカンハープ)は独自のロックを取り入れたスタイルを持つギニアのコラプレイヤー、モハメドクヤテにコナクリにて出会い影響を受け始める。ダンスはドゥンドゥンバ、ソコなどのお祭ナンバーが好み。渋谷区にて隔週でダンスクラスも開催中。

○のどか
2005年セネガルへ渡り、国立舞踊団ダンサー、ムサ・ソンコに師事。帰国後サバールパフォーマンスグループTangana jerを結成。セネガル国営放送RTS1や、セネガル人アーティストのミュージッククリップに出演。

○YOKO
様々なダンスを経て今に至る。色んな人との出逢いを通して色んな空間に触れることが大好き人間。1999〜2002 NY Nathan Trice/RITUALSメンバー。現在C.I.c.o,CIFJメンバー。個人ブログ:http://ameblo.jp/rituals/ (ダンス以外の活動も記載)

○Abdou Bayefall (アブドゥ・バイファル)※友情出演
セネガル共和国出身、西アフリカ伝統舞踊のプロフェッショナル・ダンサー。17歳でモロッコにて初の国際舞台を踏み、「バレエの申し子」の愛称をもらう。 また、モロッコでBaaba Maalの目にとまり、ツアーダンサーに加わる。その後、スペインの『Ballet Africa 2000』や『Ballet la Linguere セネガル国立舞踏団』でダンサー、コリオグラファーとして活躍。また、セネガル国立舞踏団にてダンス指導者としての国際免許を取得する。2002年のワールドカップ公演のため来日。その後、日本に移住し、ダンサー、ドラマーとして東京を中心に全国各地にてダンスワークショップ・演奏活動を行っている。

○Support Dancers
FOOMIN'、amimi(あいみ)、わだみつこ、ゆうこ、でぐ、まり、まっちゃん、りえぽこ、えりつぃん、ゆっきー+ Kanae(18名)

■music
○奈良大介
ジンベ奏者。西アフリカに影響を受け、レゲエ、奄美民謡等もミックスし、オリジナルスタイルを追求中。ライブ、ワークショップなど全国で展開中。

○にしやまん
岡山在住のプロDjembe奏者。師匠であるBangourake氏に認められ、師とともに日本のみならず、海外でも毎年ライブ、ワークショップ等を行う。その圧倒的な「音」と「エネルギー」によるグルーヴはまさに圧巻。グループやソロでの活動のほかに、地元岡山にて「Djembe工房 KrubeKrube」の代表として精力的に活動中。

○PSY-LA-MIX サイ・ラ・ミックス
BASS- スズケン(STEREO LYNCH/夢宙?暢??ぢ遊泳/CUP CAKES)・PERCUSSION- eno(POODLES/dub mafia/system error)・GUITAR- 高瀬UJ(夢宙?暢??ぢ遊泳)。音とダンスの融合を目指し結成。ライブハウスや野外レイブで活躍する三人を中心に、新しいダンスミュージックを変幻自在に表現する。

○安田尚樹
東京生まれ。西アフリカ、セネガルのドラム「サバール」、西アフリカの弦楽器「コラ」奏者。
1995年 YAS-KAZ&Salon de Sabarに参加
    『第76回民族芸能公演・日本の太鼓』(国立劇場)にゲスト参加
    ACT AGAINST AIDS ''95に出演
1996年 近松in長門''96 出演
1997年 Wagane N''diaye Rose & Sohie Ker Gi に参加
1998年 西アフリカ、セネガルに渡り、アフリカ伝統音楽を学ぶ
    Assane Diabaye &Super Santibi に参加
1999年在日アフリカン・バンドのサポートメンバーとして日本各地のツアーに参加。
2002年 サッカーW杯のセネガルチーム公式応援団としてスタジアムにて
    演奏、セネガルのベスト8進出に貢献する。
2010年 ヤヒロトモヒロ、駒沢れお 等とアフリカン・パーカッショングループ
    RAMBLE TAMBOUR(ランブル・タンブル)を結成。
共演者:故アケミ(じゃがたら)、日野皓正、坂田明、YAS-KAZ、外山明、野沢毛ガニ(サザン・オールスターズ)他
http://sound.jp/sabar/index.html
http://kora.holy.jp/

○Support Musicians
ゆうきん、杉ぽん、Andy、よっしー、さかぽ子、樹<たつき>、やっさん(13名)

■映像/須藤敦彦
■照明/坂本あゆみ
■衣装/雪浦聖子
■音響/unovasound

■舞台監督
○rikako
東京出身。社会人生活に終止符を打ち、2003年よりモダンダンスを学ぶためNYへ。ダンスでパフォーマンスなどをする傍ら。ヨガに出会う。その後全米ヨガアライアンスを取得し、ヨガがNY生活の中心になる。2008年6月帰国。現在日本でヨガインストラクター、またセラピストとして活動中。

■統括
○Kanae
日々のYogaで磨かれた強くしなやかな身体を元に、エネルギーに溢れるダンスを踊るアフリカンダンサー。元TV局ディレクターという変種。NY留学、3度の長期ギニア滞在を経て、アフリカンを身体に落としていく。その後。ハウスやコンテンポラリーにも挑戦し続け、今回の舞台を思い立つ。人を巻き込むことに関しては天下逸品。現在はWSを開催しながら、アフリカンに留まらずに活動中。
  
Posted by funkaholic at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月04日

音楽の力、夢は伝わる。

c993f614.jpg今日はムリヤリ仕事を切り上げて、is!仲間のi-nosのリリパ@六本木morphに行ってきました。

思えば突然の組織改編からわずか1ヶ月。よくもまぁこんだけの沢山あるもんだっていう課題の山をやっつけてきました。新規事業やベンチャーに多少慣れてるといっても‥いや〜今月はタフだったなw

そんなこんなでちょっと疲れを溜め込みはじめていたのも相まって、勢いでLiveに行くの決定。で、やっぱり仲間のステージを観て毎回思うのは「(畑は様々違えど)夢を追い掛けている仲間に囲まれている自分は本当に幸せだ」ってこと。

あとは「自己表現は素晴らしい(これは仕事でも言えると思う)」って事もあらためて感じた。いま自分もダンスを教える立場にあって、いわゆる普通のレッスンの形式をあえて取らずに「自己表現のための土台作り」にこだわっているんだけど、やはりそこからブレてはいけないな、と思った。

綾ちゃん、hottaさん、メッセージ確かに受け取ったよ!個人的には最後の「meaning」でついつい涙が。。二人とも本当にお疲れさま&リリースおめでとう!


そして来週9日は旧友MIG MARKETのLive。時間が早いから行けるか分からないけれど‥彼らとは久しく会ってないから何とか行きたい。

あとは自分も4月に舞台を控えてるので(結局まだ詳細書いてないな。。)自分自身もそこで最大限「自己表現」できるように、コンディションをもっていかなくてはー!
  
Posted by funkaholic at 23:41Comments(0)TrackBack(0)